歯周病治療

歯茎がはれた、さがってきた

歯周病ってどんな病気?

表面についた汚れ(プラーク)をそのままにしておくと、歯肉に炎症がおきてきます。

歯周病ってどんな病気?

歯周病の原因は?

プラーク

歯周病の一番の原因はプラークと呼ばれる物質です。 このプラークは細菌の塊で、いろいろの種類の細菌が 住みついています。この細菌群は歯ミガキを怠ったり、 砂糖を取りすぎたりしますと、異常に増殖し、それらが産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯周病となります。

こんなことも歯周病を進行させます。

歯ミガキを怠ってプラークが増えると、歯周病の原因になりますが、歯ぎしりやくいしばり、甘い食べ物、 煙草なども歯周病をすすめる原因になります。

歯周病治療法

歯周病治療の流れ

歯周病の検査

shishyu02歯周病の検査をします。歯周ポケットと呼ばれる歯肉の溝の深さなどを測定します。

歯周病の説明

shishyu01

まず歯科衛生士が、歯周病について説明させていただきます。歯周病は進んでしまうと、やがて歯を失ってしまう可能性がある病気です。

ブラッシングの指導

shishyu03歯科衛生士が、歯ブラシの正しい当て方、動かし方を指導させていただきます。

shishyu04実際に鏡を持って頂き、歯ブラシが歯にどのようにあたっているか、汚れは取れているか確かめる事も大切です。

shishyu05「磨いている」と「磨けている」は大きく違います。歯をきちんと磨くことは、歯周病予防やむし歯予防につながります。

スケーリング

歯の表面に付いた歯石を取る事をスケーリングと言います。歯の表面の歯石を取り除き、歯の表面を滑沢にして、歯にプラークがつかないようにします。

クリーニング

shishyu07歯ブラシで取れない磨き残しは、専用の器械でないと落とせません。プロによる歯のクリーニングを定期的に行うことをおすすめします。

フラップオペ

歯肉の奥深くまで歯石がついた時、スケーリングでは歯石を取れない場合があります。そのような時、歯肉を少しはがして、歯石を取る手術を行ないます。

噛み合わせと歯周病の関係

shishu03噛み合わせが悪いと歯周病の進行は早くなります。 上手く噛みあってないと、歯にとても負担がかかります。 良い噛み合わせかどうかは、ご自分ではわからないものです。 ばば歯科では、歯周病治療とともに噛みあわせ・歯ぎしりの治療もしています。